粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

熱傷 1歳 上肢(湿潤療法)

初診時(1)

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い男の子です。
おかゆをひっくり返してしまい、熱傷されました。
かかりつけの〇〇小児科からの紹介で、〇〇外を受診されました。
消毒、ガーゼ処置の上、毎日通院するように言われたそうです。
そこで、熱傷に関し、色々とネットで調べ、「湿潤療法」という治療法をお知りになられました。
「湿潤療法」をしていると謳っている、地元の〇〇病院を受診。
しかし、医師から
「湿潤療法は感染する可能性が高い。この熱傷に対しては、湿潤療法はしない方が良いです。」
と言われ、フィブラストスプレー、ガーゼ処置だったそうです。
そして、毎日通院するように言われたそうです。
処置のたびに、泣き叫ぶわが子を見て、これはなにかおかしいと思われ、再度「湿潤療法」をしているクリニックを探され、ご遠方より当院を受診されました。
 もちろん、湿潤療法で治療いたしました。
毎日、シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
 本当に残念なことなのですが、湿潤療法をしているとH.P.等に書いておきながら、実際受診してみると「この傷には湿潤療法はしない方がよい。」と言われて、してもらえない事が結構あるようです。
患者さんはいつも憤って、当院を受診されます。そりゃあそうです。お忙しい中、湿潤療法希望で受診してみたら、湿潤療法はしておらず、消毒され、痛い思いをされたら、腹も立ちます。湿潤療法をされない事は自由ですが、であるならば、湿潤療法をしていると宣伝等をされないようにして頂きたいです。
患者さんが本当にかわいそうです。
 湿潤療法が適さない傷、熱傷は御座いません。
どのような、傷、熱傷に対しましても、湿潤療法は可能です。
もしも、「この熱傷には湿潤療法は出来ません。」と医師から言われましたら、その医師は湿潤療法を理解していない医師という事です。

 

初診時(1)

初診時(1)

初診時(2)

初診時(2)

加療後4日(1)

加療後4日(1)

加療後4日(2)

加療後4日(2)

加療後11日(1)

加療後11日(1)

加療後11日(2)

加療後11日(2)

 

関連記事

  1. 初診時(水疱膜切除後)2

    熱傷 1歳 手掌(湿潤療法)

  2. 初診時

    2歳 眉毛部の割創です。(テープ固定)

  3. 初診時(膝)

    挫創 膝、手(湿潤療法)

  4. 初診時

    熱傷 顔(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時

    熱傷 顔(なつい式湿潤療法)(1年後)

  6. 加療後3日

    植皮が必要と言われた熱傷 1歳 顔から上腕(湿潤療法)