目じりの粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術前

 患者さんは、30台です。
数年前に、左目じりに粉瘤(アテローム)が出来たそうです。
近医である〇〇皮膚科を受診。針でついて中身だけを絞り出されたそうです。
かなり痛かったそうです。
手術となると、結構傷跡が残ると説明を受けられた為に、色々と調べられ当院を受診されました。
くりぬき法で手術いたしました。
術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、毎日シャワー、入浴 OK です。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後2年3か月後に、別部位に粉瘤(アテローム)が出来た為に、当院を受診されましたので、写真を撮らせて頂きました。有難う御座いました。
 針を刺して中身だけを絞り出す行為は、治療にはなっておりません。
それでは、粉瘤(アテローム)は治りません。
治らないどころか、炎症を広げる可能性も有るために、私は針で付いて絞り出すという行為はしておりません。
粉瘤(アテローム)を治すためには、手術をして袋を取り出さなければ、治りません。
腫れていると、ちょっと穴を開けて絞りたくなる気持ちは分かりますが、私はしない方が良いと思います。痛みを伴うのに、治らないからです。
どうせ、針を刺すのであれば、くりぬき法で手術をするべきだと思います。
出来ないのであれば、きちんと手術をして貰える医療機関へ紹介すべきだと思います。
痛みを伴った上に、治らず、お金がかかります。患者さんが可哀そうです。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

粉瘤(アテローム)摘出 術後11日

術後11日

粉瘤(アテローム)摘出 術後2年3か月

術後2年3か月

 

関連記事

  1. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 本日のお電話でのご質問。

  3. 炎症が強い肩の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 腹部の粉瘤(アテローム)です。

  5. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 頚部の粉瘤(アテローム)です。

PAGE TOP