炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術中(くりぬき法)

 患者さんは、30代です。
約1年前より、後頚部にしこりが有ったそうです。
2週間前より腫れて痛くなってきたために、近医である〇〇皮膚科を受診されました。
しかし、炎症が強いために対応が出来ないと言われたそうです。
そこで、炎症が強くても手術をして貰える医療機関を探され、ご遠方より当院を受診されました。
炎症が強くても、全く問題なく手術は可能です。
また、炎症が強い粉瘤に対し、抗生物質はほとんど効果が御座いません。
くりぬき法で手術いたしました。
術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、毎日シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術前

術前

術中(くりぬき法)

術中(くりぬき法)

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後5日

術後5日

術後12日

術後12日

 

関連記事

  1. 術中

    炎症の強い肩の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 頭部の粉瘤(アテローム)です。

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)(1年7か月後の…

  4. 術中(粉瘤内容物を排出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 粉瘤(アテローム)摘出 術中

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP