粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

割創 2歳 額(テープ固定)

初診時

 患者さんは、2歳の可愛い可愛い男の子です。
階段から落ちて、額を切ってしまいました。
すぐに当院を受診されました。
ハイドロコロイドで土台を作り、テープで創部を寄せるように固定しました。
(師匠である夏井先生に教えて頂いた治療法です。)
縫合するまでもなくこの程度の傷であれば、丁寧にテープ固定いたしますと、綺麗に治ります。
縫合しなければ治らない傷も御座います。
また、縫合した方が、後のメンテナンスは楽です。
テープ固定だと、気になって取ってしまうお子さんがいるからです。
よって、縫合する方法は、全く悪くはないのですが、局所麻酔が痛いために、子供の傷を縫合しようとすると、子供をタオルで全身ぐるぐる巻きにしたり、数人の大人で押さえつけなければなりません。
親の立場からすると、そのような光景は、できれば見たくありません。

初診時

初診時

テープ固定 加療後1日

加療後1日

テープ固定 加療後10日

加療後10日

 

 新年あけましておめでとうございます。
この、地味ブログが少しでも患者さんのお役に立てればと思っております。
本年も、何卒宜しくお願い致します。

                             郡田大宇

関連記事

  1. 初診時

    挫創 手(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時

    頬の挫創です。(湿潤療法)

  3. 湿潤療法の説明

  4. 初診時

    割創 2歳 顎(テープ固定)

  5. 初診時(顎部)

    顎部、手掌の挫創です。(湿潤療法)

  6. 初診時2

    先週に引き続き、顔の挫創です。(湿潤療法)