炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

粉瘤(アテローム)摘出 術中

 患者さんは、60代です。
数年前より、後頚部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。
数日前より炎症(痛み、腫れ)が強くなってきたために、地元の〇〇皮膚科クリニックを受診されました。そこの医師から
「今は炎症が強いから何も出来ません。とりあえず抗生物質を内服して、様子を見ましょう。手術希望でしたら、自分で手術してもらえるところを探してください。」と言われたそうです。
抗生物質を内服しても、炎症が引くどころか、余計に痛くなってきたために、ネットで炎症が強くても粉瘤(アテローム)の手術をして貰える医療機関を探され、当院のH.P.にたどり着き、他県より当院を受診されました。
炎症が強くとも、抗生物質は効果が御座いません。
粉瘤の治療法は、手術しか御座いません。
いつも、患者さんに申し上げておりますのは、手術をして治すか、手術をせずに様子をみるのか、どちらかしかないという事です。
薬(抗生物質等)を飲んでも、薬(アクアチムローション等)を塗っても、治ることは御座いません。
抗生物質を内服して腫れが引きましたという患者さんが、たまにおられます。それは、抗生物質を内服した時期と、粉瘤の袋が破裂した時期がたまたま同じだった、という事です。
粉瘤により命を失うことはまず御座いません。(文献上は、悪性の粉瘤もございますが。)
よって、手術をするか、止めておくかは、手術のデメリット、メリットをきっちりと患者さんに説明させて頂いた上で、いつも患者さんに決めて頂いております。
手術をせずに様子を見ていると、だんだんと大きくなって破裂し一旦炎症が落ち着いて、まただんだんと腫れてきてを繰り返し、だんだんと大きくなっていくことが多いです。
それが嫌であれば手術をするしか御座いません。
くりぬき法で手術致しました。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中

術中

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後3日

術後3日

粉瘤(アテローム)摘出 術後10日

術後10日

粉瘤(アテローム)摘出 術後17日

術後17日

粉瘤(アテローム)摘出 術後24日

術後24日

粉瘤(アテローム)摘出 術後31日

術後31日

 

関連記事

  1. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頭部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術中(粉瘤の袋を摘出)

    肩の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP