炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術前

 患者さんは40代です。
数年前より有る背部の粉瘤が腫れて痛くなってきたために、地元の市民病院皮膚科を受診されました。
そこの医師から
「炎症が強いから今は手術が出来ない。
とりあえず、抗生物質で様子を見ましょう。」
と言われたそうです。
しかし、抗生物質を内服しても全く良くならないどころが、ますます痛みが強くなってきたために、炎症が強くても手術をしてもらえる医療機関をネットで探され、他県より当院を受診されました。
炎症が強くても、全く問題なく「くりぬき法」で手術をすることが出来ます。
また、炎症が強い粉瘤に対し、抗生物質は無効です。
炎症は粉瘤の袋の中で起こっています。
粉瘤の袋の中には血管は御座いません。
よって、いくら抗生物質を内服しましても、抗生物質の効果は粉瘤の袋の中には届きません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術前

術前

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後5日

術後5日

術後14日

術後14日

術後21日

術後21日

術後2か月

術後2か月

関連記事

  1. 耳の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 頚部の粉瘤(アテローム)です。

  3. 炎症が強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術中(粉瘤内容物を排出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  6. 術中

    炎症している額の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP