指の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

初診時

 患者さんは、30代です。
いれたてのコーヒーを右手にこぼしてしまい、熱傷されました。
地元の〇〇病院救急外来を受診。
ガーゼ、消毒処置を受けられたそうです。
翌日、地元の〇〇皮膚科を受診。
同じように、ガーゼ、消毒処置だったそうです。
医師は、遠くから指示を出すだけで、一切処置はしなかったそうです。
そして、感染するかもしれないからと、抗生物質が処方されました。
患者さん曰く
「こんな治療では良くなるはずがない!」
と思われたそうです。
そこで、ネットで色々と調べられ、「なつい式湿潤療法」目的にて当院を受診されました。
「なつい式湿潤療法」の説明をさせて頂き、ほとんど傷跡は残らず治る事を説明させて頂きました。
患者さんからは
「来て良かったです。涙が出そうです。」
と言って頂きました。
水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。
感染しておりませんでしたので、抗生剤の内服は中止致しました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
毎日、シャワー 入浴 OK です。

 他院からいらっしゃる患者さんの多くの方々は、感染予防目的にて抗生物質が処方されています。
抗生物質は、感染したら内服するお薬であって、感染要望目的にて内服するお薬では御座いません。
感染したくないという理由で内服しなければならないのであれば、お怪我、熱傷関係なく、だれも感染したいと思っている人はいないはずなので、私を含めた国民全員が毎日内服したほうが良いという事になります。
 抗生物質は強いお薬です。無駄に内服しますと、大腸菌が殺されますので下痢します。女性であれば膣常在菌が殺されますので、カンジタになりやすくなります。
抗生物質は、感染してから内服するお薬であって、感染予防目的にて内服するお薬ではないと思っております。

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

加療後8日

加療後8日

関連記事

  1. 受診時2

    9カ月児 頚部から胸にかけての熱傷です。(湿潤療法)

  2. 昨日来院された可哀そうな患者さん。

  3. 初診時

    腕の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    6歳 5年間治らなかった手荒れです。(湿潤療法)

  5. 初診時2

    糖尿病壊疽の患者さんの写真です。(湿潤療法)

  6. 加療後8日

    8歳 下腿の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

PAGE TOP