粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

熱傷 手指(なつい式湿潤療法)

初診時2

 患者さんは、40代(調理師)です。
天ぷら油がはねて、指を熱傷されました。
近医で湿潤療法をしているとH.P.に書いてあった〇〇形成外科を受診されました。
「石鹸で洗うように。水疱膜は残します。」と言われたそうです。
治療方針に納得がいかなかった為に、ネットで調べて他県より当院を受診されました。
なつい式湿潤療法」の正しいやり方を説明させて頂きました。
(石鹸では絶対に洗ってはいけません。傷が深くなりますし、物凄く痛いです。
また、水疱膜は感染源になりますので、すぐに取らなければなりません。)
ご納得して頂けました。
なつい式湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。
「遠かったですが、本当に来て良かったです。」と言って頂き、嬉しかったです。

 

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

加療後6日

加療後6日

 

関連記事

  1. 初診時2

    かぶれ 手(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時

    割創 額(テープ固定)

  3. 昨日来院された可哀そうな患者さん。

  4. 初診時2

    熱傷 指(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時(顔)

    挫創 顔、肩(湿潤療法)

  6. 初診時2

    挫創 顔(湿潤療法)