むべなるかな

 本日も、「湿潤療法」希望の患者さんが多数ご来院されました。

 私は、まず最初に「湿潤療法の原理」について、写真、スライドを用いて、ある程度の時間をかけて説明させて頂きます。しかし、今までの「消毒、ガーゼ処置」とは、正反対の治療法ですので、きょとんとした顔をされる患者さんもおられます。

 しかし、そのお気持ちは凄くよく分かります。だって、「消毒しない!、乾かさない!、軟膏塗らない!」と今まで受けてこられた治療とは正反対の治療法ですから。他院で治療を受けてこられた患者さんほど、私の説明の後「きょとん」とされる傾向が強いようです。

 説明する私としましては、心苦しい時があります。それは、前医の治療法を否定するような事を言わざるを得ない場合があるからです。私なんかよりも、ずっと年配のお偉い大先輩先生に対して、「非礼な事をしているのでは」と、心苦しくなる訳です。しかし、お一人でも無駄な「植皮術」という取り返しのつかない手術を受ける患者さんを減らせるのであれば、それもむべなるかなと思っております。

関連記事

  1. 初診時1

    1歳 顔と前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    頚部から肩にかけての熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  3. 初診時

    下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 加療後4日(手掌)

    4歳 手、膝の熱傷です。(なつい式湿潤療法)1年後写真有

  5. 初診時

    お口周りのとびひです。

  6. 初診時

    顔面挫創治療5年後の写真です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP