糖尿病壊疽の患者さんのその後です。(湿潤療法)

初診時2
受診時

初診時

1か月後

1か月後

 2月18日に掲載致しました方のその後です。随分良くなってまいりました。
全体に干からびていた指に、ふっくらとした弾力が出て参りました。
この症例が示しているように、たとえ壊死してきたからといって、安易に切断をしては絶対にいけません。
壊死している指であっても、「湿潤療法」をすることによって、ある程度再生します。
毎日、献身的に処置をご自宅でされておられるご主人さんの御蔭です。

関連記事

  1. 初診時

    7歳男児 前腕の挫創です。(湿潤療法)

  2. 初診時(1)

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    腹部の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    顔の挫創です。(湿潤療法)

  5. 初診時2

    頬の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  6. 初診時

    植皮が必要と言われた下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP