粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

腹部熱傷です。(湿潤療法)

初診時

初診時

湿潤療法1週間

 30代の患者さんです。熱湯が腹部にかかりヤケドされました。
湿潤療法をしているクリニックを探され、わざわざ他県から来院して頂きました。
1週間ですっかり良くなりました。
 最近随分と「湿潤療法」が認知されてきているようです。しかし、それは患者さんサイドの話であって、医師サイド(特に形成外科医、皮膚科医)は残念ですが未だ湿潤療法は少数派のようです。
やはり、新しい技術(というほどやっていることは、大げさなのもではございませんが。)って、普及するのには時間がかかるということなんでしょう。
それと、今までしてきた自分の治療法(ガーゼ、消毒)を根底から否定することから始めなければならないというところが、なかなか医師サイドに普及しない要因なのかもしれません。

関連記事

  1. 初診時2

    熱傷 1歳 手(湿潤療法)

  2. 術中(粉瘤内容物を摘出)2

    顔の粉瘤(アテローム)です。

  3. ばい菌がいたら感染?違います。

  4. 初診時

    かぶれ 手(なつい式湿潤療法)

  5. 低温熱傷にはご注意下さい。

  6. 初診時

    4歳 前腕の熱傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。