今シーズン

 ようやく温かくなってきて、低温ヤケドの患者さんがひと段落してきました。
今シーズンは、約60人の低温ヤケドの患者さんが来院されました。
この数字が他院と比べて多いのか少ないのかは分かりませんが、整形外科専門医としてはかなり多い方だと思います。
(私は皮膚科医では御座いませんので。)
湿潤療法を求めて、はるばる他府県から来院された患者さんも多かったです。
しかし、変な話ですよね。
低温ヤケドをして皮膚科を受診 → 湿潤療法していない → 湿潤療法をしている整形外科である当院受診
逆なら分かるのですが・・・
皮膚科の先生方にも「湿潤療法」がもっと認知されると、患者さんの御不便も解消されるのにと、いつも残念な気持ちになります。

関連記事

  1. 初診時

    2歳 足関節のかぶれです。(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時

    3歳 女児 前腕熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時2

    顔面挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時(水疱膜切除後)2

    手の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時2

    下腿の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  6. 初診時

    指の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP