粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

指の熱傷です。(湿潤療法)

初診時2

 

熱傷受診時

初診時

湿潤療法3日目

湿潤療法3日目

湿潤療法6日目

湿潤療法6日目

湿潤療法2週間

湿潤療法2週間

 患者さんは、笑顔の素敵な(余計なことですいません)30代半ば(どう見ても20代前半 余計なことですいません)女性です。
熱湯が手にかかりヤケドされました。
受診時、水包がありますが、これは感染源となりますので切除致しました。
湿潤療法により、2週間ですっかり良くなりました。
 未だに「水包は残すように」と指導されている先生がおられますが、これは間違えです。水包は感染源になりますので、なるべく早くに切除した方が良いです。
しかし、変な薬(ゲーベン等)を水包切除後に直接塗られるくらいなら、切除されない方が良いかもしれません。
他院から来院される患者さんの多くは、「水包の上にゲーベン」というパターンが多いです。水包の上から薬を塗って一体どうなるというのでしょうか。服の上から薬塗っているようなものです。

関連記事

  1. 初診時2

    熱傷 顔(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時(水疱膜切除後・右上肢)

    前回(4月24日)の続きです。

  3. 初診時(下腿)

    前回の続きです。(湿潤療法)

  4. 初診時(側面)2

    顔の挫創です。(湿潤療法)

  5. 低温熱傷にはご注意下さい。

  6. 加療後5年3か月

    右前腕挫滅創の5年3か月後です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。