粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

手湿疹(湿潤療法)

初診時2

 

初診時

加療1週間後

 当院は皮膚科では御座いませんが、よく「皮膚トラブル」の患者さんが来院されます。
以前にもお書きしましたが、ほとんどの場合が
湿疹が出来た → 皮膚科受診 → クリーム剤処方 → 良くならない → 当院受診
というパターンです。
何故良くならないのかと言いますと、「クリーム剤を塗っている」からです。
「クリーム剤」には界面活性剤が入っております! 😈
いくら、ステロイドが入っていたところで、
クリーム剤の基剤は 界面活性剤 つまり 洗剤! 😈 です。
この事実を認識していない医師は結構多いです。 😥
私自身も、湿潤療法に出会う4年前くらいまでは、せっせと「ハンドクリーム」を塗っていました。
ハンドクリームは、塗った時にはしっとりしますが、結果的に手がカサカサになっていました。
だからまた塗るという悪循環・・・
クリーム剤を塗ることを止め、ワセリンのみにしてからは手がしっとりしています。
患者さんからも「先生、手が奇麗ですね! 😀 」とお褒め頂くことも結構御座います。
しかし、なにも高い特別な薬を使っている訳では御座いません。
「ワセリン」のみです!
ごしごし洗う事を止め、ワセリンを塗って頂くと、ほとんどの患者さんは1~2週間で良くなります。
お肌をみずみずしく保つ為の方法は、まだまだ書ききれない事が沢山御座います。
診察ご希望の患者さんはご来院下さい。

関連記事

  1. 初診時

    熱傷 下腿(湿潤療法)

  2. 初診時(斜位)

    挫創 顔(湿潤療法)

  3. 初診時

    膝の挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    熱傷 2歳 胸部(湿潤療法)(1年2か月後)

  5. 初診時

    植皮が必要と言われた下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    挫創 額(なつい式湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。