粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

糖尿病性壊疽の患者さんのその後(湿潤療法)

初診時2

初診時

初診時

加療2か月半後

加療2か月半後

 以前に、このブログで紹介した糖尿病壊疽の患者さんです。
湿潤療法にて、真っ黒だった部分がピンク色になり、随分と良くなってきておりました。
患者さん、(とっても献身的な)旦那様、私と皆で喜んでおりました。
しかし最近転倒してしまい、2か所骨折され入院されたそうです。
透析中でもありますので、骨はかなりもろい状態にあったのでしょう。
よって、暫くの間、通院出来なくなりました。
入院先の病院で、正しい湿潤療法が受けられると良いのですが。
とりあえず、現在までの状態をアップさせて頂きます。
この症例が教えてくれたことは、
「指が壊死し黒くなっていても、簡単に切断してはいけません。再生する可能性があります。」
という事です。
また再度、御通院出来るようになられることを祈っております。

関連記事

  1. 初診時

    1歳 大腿の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    2歳 顔の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    2歳 顎部の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 加療後4日

    顔の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時(膝裏)2

    3歳 アトピー性皮膚炎と診断された男の子

  6. 初診時

    5歳 鼻のひっかき傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。