粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

アトピー性皮膚炎???(湿潤療法)

初診時2

初診時

加療1週間

 皮膚科で「アトピー性皮膚炎」と診断され、数ヶ月間色々とお薬を処方されていた患者さんです。
お母さんが本当にそんなに薬を使ってよいのか怖くなり、当院へ来院されました。
私が指導したことは
① ステロイド等、全ての薬を止める。
② 石鹸の使用を止める。
③ ワセリンを塗る。
以上です。
たった1週間ですっかり良くなりました。
実は、皮膚科で「アトピー性皮膚炎」と診断され、多種多様なお薬を処方され、全く治るどころか悪化し途方に暮れていたところ、たまたま他の要件で当院を受診され、上記の指導をした結果、すっかり良くなったという経験が数回有ります。
一番の原因は洗いすぎ。
2番目の原因は、クリーム剤の使用
この二つを止め、正しい保湿(ワセリン)をすれば、良くなるケースは結構あると思います。
本当の意味での「アトピー性皮膚炎」って診断数より少ないのでは、と思っております。

関連記事

  1. 初診時2

    結婚式を3か月後に控えられた女性の顔の傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時(水疱膜切除後)

    熱傷 5歳 胸部(湿潤療法)

  3. 初診時(顔)1-2

    熱傷 1歳 顔、前腕(湿潤療法)

  4. 初診時2

    顔の挫創です。(湿潤療法)

  5. 初診時2

    植皮が必要と言われた1歳 胸部の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。