湿潤療法の説明

 「私が今まで習ってきたことと全く逆じゃあないですか!びっくりしました!」

先日「湿潤療法」目的で来院された患者さんに、「湿潤療法の原理」を説明した際に言われた言葉です。

その通りなんです。

全く逆なんです。

 今までの傷、ヤケドの治療法

①消毒する

②乾かす

③ガーゼあてる

 

 湿潤療法の傷、ヤケドの治療法

①消毒しません

②乾かしません(湿潤な環境にします)

③ガーゼあてません(創傷被覆材をあてます)

 

全く逆です。

ですから、患者さんが戸惑われるお気持ちはよく分かります。

そして、非常に残念な事ですが、「湿潤療法」をご存じない医師が未だに大多数である事も事実です。

 

初診の患者さんには、初診時に「湿潤療法」の説明を必ずさせて頂いております。

その際に、ご質問、不安な事、何でもご質問下さい。

 

こんなに簡便でシンプルで痛みが少なく、早く、奇麗に治る治療法が、ごくごく一部の医療機関しかしていないという事が、不思議でなりません。

関連記事

  1. 本日のお電話でのご質問。

  2. 初診時(水疱膜切除後)

    大腿の熱傷です。(湿潤療法)(1年9か月後の写真有)

  3. 植皮が必要と言われた前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 胸部の挫創です。(湿潤療法)

  5. またまた、植皮を勧められた患者さんが逃げて来られました。(湿…

  6. 手湿疹(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP