結婚式を3か月後に控えられた女性の顔の傷です。(湿潤療法)

受診時

受診時

加療4日目

加療4日目

 

加療9日目

加療9日目

加療2週間目

加療2週間目

 患者さんは、20代のお綺麗な女性です。

受傷経過が、非常に可愛そうなのです。以下、その経過です。

トラックとバイク(ご本人)の交通事故にて受傷されました。

しかし、事故当時の記憶がほとんど無いのです。

そして、トラックは走り去った様です。(ひどい! 👿 )

そこにたまたま通りかかったタクシーの運転手さんが救急車を呼んで下さったそうです。 😀

記憶が無い状態で倒れているときに、他の車にひかれていたらと想像しますと、ぞっとします。

救急病院受診。応急処置を受けられ、その後、湿潤療法目的にて当院受診されました。

当院受診された際、困惑し、悲壮感漂うお顔をされていました。

お話をお聞き致しますと

「3か月後、結婚式なんです。奇麗に治りますでしょうか?」と。

湿潤療法の説明をさせて頂き、実際の症例写真をお見せし、とりあえずご安心された様でした。

加療2週間が経ち、少し赤みは残っているものの、非常に喜んで頂きました。

数か月後「無事結婚式終わりました。本当に有難う御座いました。」とご報告して下さいました。

この仕事をしていて、そういう事を言って頂ける時が、一番嬉しい瞬間です。

関連記事

  1. 1歳男児 手のヤケドです。(湿潤療法)

  2. 湿潤療法に対する理解

  3. 初診時

    1歳 大腿の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  4. 膝の挫創です。(湿潤療法)

  5. 1歳 女児 肩の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 1歳 頬の熱傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP