粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

背部の粉瘤(アテローム)です。

術前

 患者さんは、20代 男性です。
1年前より背部に粉瘤(アテローム)あり、他院皮膚科を受診されました。
治療法が不安になり、ネットで調べて当院を御受診されました。
大体、術後2週間ほどで創部は治ります。
半年、1年と経過致しますと、ほとんど分からないくらいの傷跡になります。
(もちろん、全く分からなくなる訳では御座いません。)

術前

術前

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(被膜を摘出)

術後2日目

術後7日目

術後12日目


 先日、膝の悪い患者さんに膝関節内注射をしている際に
「先生、この注射痛いわー。先生、された事有ります?」と聞かれました。
「注射するばっかりで、された事は無いんです。」とお答えすると
「ひどい!一度経験してみて下さい!」と笑いながら言われました。
確かに経験してみないと痛みは分からないですよね。
しかし、自分で自分の膝に注射する勇気は無いですし・・・
悪気は無いんですよ(当たり前ですが!)。痛い思いばかりさせてすいません。

関連記事

  1. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)頭(くりぬき法)

  2. 術前

    背部粉瘤(アテローム)

  3. 初診時

    頚部の粉瘤(アテローム)

  4. 術中

    粉瘤(アテローム)耳(くりぬき法)

  5. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  6. 術中(粉瘤被膜を摘出)2

    膝の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)