粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

腹部の粉瘤(アテローム)です。

術中(摘出された粉瘤被膜)2

 患者さんは、30代 女性です。
約15年前より腹部に粉瘤が有り、手術目的にて来院されました。
 くりぬき法で手術致しました。
15年ぶんの垢がたまっておりましたので、結構大きな被膜でした。
 粉瘤手術目的にて他院から来院される患者さんの多くの方は、前医において「とりあえず粉瘤を小さくする為に、抗生物質を内服しておいて下さい。」と言われ、長い患者さんになりますと1か月以上内服されておられる方がいらっしゃいます。患者さんは、医師から言われた為に当然効果があると思い、内服されておられます。
 しかし、粉瘤は抗生物質を内服しても治りません。なぜなら、粉瘤の中身は「垢」だからです。「粉瘤」とは、毛穴がつまり、蒸発できなくなった皮脂がたまっていく病気です。よって、粉瘤の中身は「垢」なのです。よって、抗生物質を内服しましても「垢」の量は減りませんので、治りません。
 術後、感染状態になった場合のみ、抗生物質を処方することも御座いますが、当院では過去1年間で粉瘤手術に関して抗生剤を処方した患者さんは2名です。その患者さんは、術後感染状態になったために処方致しました。
 抗生物質は、感染状態(疼痛、腫脹、熱感、発赤)でないにも関わらず、内服してはいけません。体を守ってくれている常在菌が殺され、かえって感染しやすくなるからです。

術前 

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤被膜を摘出中)

術中(摘出された粉瘤被膜)

摘出された粉瘤被膜

術直後

術後3日

術後8日

術後14日

術後22日

関連記事

  1. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術前

    炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術後22日

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)

  5. 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症性粉瘤(アテローム)肩(くりぬき法)

  6. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)