後頚部の感染性粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術前

 患者さんは、40代 男性です。
後頚部の感染性粉瘤(アテローム)に対し、手術希望で来院されました。
湿潤療法を創られた夏井睦先生のH.P.にも掲載されております通り、炎症が引くまで待たずに、感染性粉瘤に対し手術は出来ます
よく、「炎症が強い間は手術が出来ない。」と他院で手術を断られ、当院へご受診される患者さんがおられます。
しかし、炎症が引くまで待つ必要は御座いません。
炎症が強い間でも、手術は可能です
逆に、炎症が強い時の方が、被膜が遊離していて除去しやすいです。
 この患者さんは、術後2週間で来院されなくなりましたが、別件で術後9か月目に来院されましたので、術後創部の写真を撮らせて頂きました。
(術後は、2から3週間で創部は治りますので、その後の通院の必要は無く、なかなか術後数か月の状態を拝見する機会は御座いません。非常に参考、勉強になりました。有難う御座いました。)
 患者さんからは「傷跡も綺麗に治りました。全く気になりません。痒みも無いです。有難う御座いました。」と言って頂きました。
少し、創部はケロイド状で隆起している様ですが、満足して頂けたようで良かったです。

術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

粉瘤(アテローム)摘出 術後6日

術後6日

粉瘤(アテローム)摘出 術後14日

術後14日

粉瘤(アテローム)摘出 術後9か月

術後9か月

 

関連記事

  1. 顔の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 耳の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術中

    頬の粉瘤(アテローム)です。

PAGE TOP