顎部の割創です。(縫合・テープ固定)

初診時

 患者さんは、10代 男性 です。
階段で転倒し、顎を強打し受傷されました。
テープ固定のみでは創部が寄らないと判断致しましたので、局所麻酔下にて縫合することと致しました。
1週間後に抜糸が理想なのですが、ご受診が年末だったために、冬休み明けまで、つまり10日間ほど抜糸が出来ないという事になります。そうしますと、糸が通っていた跡が残る可能性が有りますので、2日後に抜糸し、その後はテープ固定と致しました。
縫合したその日から、シャワー、入浴OKです。
消毒は一度もしておりません。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

初診時

縫合後

縫合後

縫合後2日・抜糸

縫合後2日・抜糸

 その後は、テープ固定をして頂きました。

加療後10日

加療後10日

 

関連記事

  1. 初診時(頚胸部)2

    1歳 男児 頚部、胸部、足の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 湿潤療法

  3. 初診時(足側面)

    前回の続きです。

  4. 初診時(斜位)

    顔の挫創です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時(正面)2

    指の挫創です。(なつい式湿潤療法)

PAGE TOP