5歳 腹部の熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、5歳の可愛い可愛い女の子です。
笛吹きケトルで沸かした熱湯をコップに移す際に失敗し、寝巻の上から腹部にかけてしまい熱傷されました。
当日 地域の基幹病院救急外来を受診されました。
消毒、ガーゼ処置だったそうです。
お風呂に入るときには濡らさないように言われたそうです。
その後も同病院に毎日通院するように言われ、通院されたそうです。
毎回担当医師が変わり、説明も変わるために、不安になり、色々と調べられ当院をご受診されました。
湿潤療法の説明をさせて頂きました。
残っていた水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。
白い網目状の物は「ソフラチュール」という薬剤なのですが、これは抗生剤を塗ってあるガーゼです。
創部にくっつきますので、剥がす際にはかなりの痛みを伴いますし、皮膚が剥がされますので、創部が深くなります。
「ソフラチュール」は使用してはいけない薬剤です。
もちろん、毎日創部に直接シャワーをかけて頂いてOKです。入浴もOKです。
OKと言うより、毎日洗い流さないと、感染致します。
洗う際に石鹸は使用してはいけません。石鹸は界面活性剤ですので、傷が深くなります。
一切消毒は致しません
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
ちなみに、当院では毎日のように、怪我、熱傷、粉瘤の患者さんが来院されますが、この3年間で抗生物質を処方した患者さんはお一人(粉瘤術後感染)のみです。

初診時

初診時

初診時(水疱被膜切除後)

初診時(水疱被膜切除後)

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

 

関連記事

  1. 初診時2

    顔面挫創です。(湿潤療法)

  2. 加療後4日

    3歳 足の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    眉毛部の切創です。(テープ固定で加療しました)

  4. 初診時(2)

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時(左膝)2

    前回の続きです。

  6. 初診時

    顎の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP