粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

1歳 下腿の熱傷です。(湿潤療法)

初診時(正面)

 患者さんは、1歳の可愛い可愛い女の子です。
お食事をされていた飲食店で、ポットのお湯が右下腿にかかり熱傷されました。
当日、大阪の基幹病院である○○病院救急外来を受診されました。
すぐさま「植皮が必要になるでしょう。」と説明を受けられ、ガーゼ処置だったそうです。
その事に納得がいかず、翌日かかりつけの小児科を受診されました。
しかし、そこでは治療が出来ないと言われ、最初に受診された病院とは別の、大阪の基幹病院である○○病院を紹介受診されました。
そこでも、消毒、ガーゼ処置だったそうです。
そして医師からは、
「植皮が必要になる。皮膚がどう再生するかによっては、歩行障害が出るかもしれない。絶対安静で外では遊ばせないように。公園遊びなんてもってのほかです。」
と説明されたそうです。
そこで、色々と調べられ、ご遠方より受傷3日後に当院ご受診されました。

以下、私からの説明です。
① 湿潤療法の説明(おそらく2週間ほどで治る事。)
② 植皮はせずに絶対に治る事。
③ 毎日、シャワー 入浴 OK
④ お外遊びOK もちろん公園遊びもOK
です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
ガーゼを剥がしますと、ガーゼが皮膚にくっついていたので、出血してしまいました。
(これがガーゼを使用してはいけない理由です。ガーゼを剥がすたびに、皮膚が剥がされます。よって、創部が深くなっていきます。)
ヘモスタパッドで被覆致しました。
ヘモスタパッドはかなり強力な止血効果が御座います。
その後は、創傷被覆材にて加療致しました。
湿潤療法に切り替えてからは痛みが軽減したようで、元気に走り回っていたそうです。
もちろん、植皮もせずに綺麗に治り、大変喜んで頂きました。
「先生に出会えて本当に良かったです。」とお母様から言って頂きました。
本当に嬉しかったです。有難う御座いました。

初診時(正面)

初診時(正面)

初診時(内側)

初診時(内側)

初診時(外側)

初診時(外側・水疱膜切除後)

加療後2日(正面)

加療後2日(正面)

加療後2日(外側)

加療後7日(正面)

加療後7日(内側)

加療後7日(外側)

この段階で、ほとんど治っております。

加療後14日(正面)

加療後14日(内側)

加療後14日(外側)

加療後3か月(正面)

加療後3か月(正面)

加療後3か月(内側)

(加療後3か月(外側)の写真を撮る事を失念してしまいました。)
植皮を受けていたらと思いますと、ゾッと致します。
1歳半以下の手のひらの熱傷以外のほとんどの熱傷は、植皮することなく治ります。

関連記事

  1. 初診時

    2歳 眉毛部の割創です。(テープ固定)

  2. 初診時

    挫創 手(湿潤療法)

  3. 初診時

    1歳女子 下腿熱傷のその後です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    挫創 指(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時(足)水疱膜切除後

    前回の続きです。

  6. 初診時2

    額の割創です。(湿潤療法)