右大腿の熱傷です。(湿潤療法)

 患者さんは、30代 女性 です。

お鍋のお湯を沸かしている最中にお鍋をひっくり返してしまい、熱傷されました。

地域の基幹病院である○○病院救急外来を受診。

消毒、ガーゼ処置で毎日消毒に通院するように言われたそうです。

以前何かで「湿潤療法」の事を知っていた為に、湿潤療法をしていると謳っている数件の病院に電話をするも、

「今はそんな治療法していない。」と数件の病院の医師、看護師から何故か辛くつらく言われたそうです。(患者さんは診察室で泣きながら話されておられました。)

ようやく「湿潤療法」をしてくれるはずの病院を受診。

しかし、医師からは「湿潤療法をする必要が無い。」と強く言われたそうです。

ガーゼを当てる医師に

「プラスモイストは使わないのですか?」と質問したところ

「ガーゼで十分です。」と言われたんだそうです。

そこで、再度色々と調べられ、熱傷後11日目に当院を受診されました。

しかし、なぜ「湿潤療法」をしていないにも関わらず、「湿潤療法」をしているとHPに書いている医療機関が有るのでしょうか。全く持って理解できません。なにしろ、患者さんの労力、時間が本当にもったいないです。

患者さんには、湿潤療法の説明をし、プラスモイストで加療致しました。

水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。

もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

 

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

 

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

 

加療後3か月

加療後3か月

 

関連記事

  1. 膝の挫創です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    頬の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  3. 前回の続きです。

  4. 初診時(顔側面)

    3歳 女児 顔の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 1歳 顔の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 昨日の続きです。

PAGE TOP