犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

初診時(ナイロン糸ドレナージ挿入後)2

 患者さんは、30代 女性 です。
自宅の犬に左手を咬まれて受傷されました。
痛みがひどくなってきたために、当院受診されました。
局所麻酔下にて、発赤と疼痛のある咬創の深さと創の方向を確かめ、ナイロン糸でドレナージをしました。
翌日には、痛みが無くなりました。一度も消毒はしておりません。
動物咬傷の場合、いくら表面を消毒しても、抗生物質を投与しても治りません。
治療で重要な事は、的確なドレナージをすることにより感染源を除去する事です。
(夏井先生のH.P.のナイロン糸ドレナージ法を参考にさせて頂いております。)
 

初診時

初診時

初診時(ナイロン糸ドレナージ挿入後)

初診時(ナイロン糸ドレナージ挿入後)

加療後1日

加療後1日

加療後3日

加療後3日

加療後7日

加療後7日

関連記事

  1. 初診時

    植皮が必要と言われた下腿皮膚欠損創です。(湿潤療法)

  2. 受診時

    5歳 顔面の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  3. 初診時

    4歳 下腿熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時3

    顔面挫創の患者さんです。(湿潤療法)

  5. 初診時

    2歳 顔の割創です。(テープ固定)

  6. 初診時

    額の割創です。(テープ固定)

PAGE TOP