炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 患者さんは、50代 男性 です。

数年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

10日前より炎症が強くなり、かなり痛くなってきたために、炎症が強くても手術をしてくれる医療機関をネットで検索され、他府県より当院をご受診されました。

呼吸がしにくいくらい痛いと言われていました。

初診当日、幸い(?)外来が空いておりましたので、当日手術させて頂きました。

 他院では、炎症が強いからという理由で、手術を断られるケースが多い様です。

炎症が強くとも、全く問題無く手術出来ます。

むしろ、被膜が浮いておりますので、手術しやすいくらいです。

 また、炎症を引かす為に抗生物質が処方されるケースが非常に多い様です。

炎症が強い粉瘤の患者さんに対して、当院では一切抗生物質は処方いたしません。

効果がほとんど無いからです。

抗生物質を内服しても良くならなかったから、治療法に不安を感じて、ネットで調べられ当院を受診される患者さんは非常に多いです。

 くりぬき法で手術致しました。

術後は湿潤療法で創部を治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後

術直後

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後3日

術後3日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後21日

術後21日

 

関連記事

  1. 頭部の粉瘤(アテローム)です。

  2. 背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  5. 術前

    額の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術中

    頬の粉瘤(アテローム)です。

PAGE TOP