顔の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

 患者さんは、60代です。

右頬に以前から粉瘤が有り、手術目的にて地元の基幹病院である○○病院形成外科を受診されました。

医師から「手術をすると、大きな傷が残り、顔の相が変わってしまいます。それでも手術をされますか?」

と言われ、手術を断念されたそうです。

そこで、色々と調べられ、当院を手術目的にて受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しました。

よって、術後一度も消毒は行っておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

 

摘出された粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後3日

術後3日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後11日

術後11日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後18日

術後18日

 

粉瘤(アテローム)摘出 術後25日

術後25日

 

関連記事

  1. 炎症している粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 頚部の粉瘤(アテローム)です。

  3. 炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 頚部の粉瘤(アテローム)(2か所)です。(くりぬき法)

  5. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP