頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

粉瘤(アテローム)摘出 術前

 患者さんは、50代です。
頚部に粉瘤(アテローム)が出来たために、近医である○○形成外科を受診されました。
そこの医師からは
「とりあえず様子をみましょう。」と言われ、手術はしてもらえなかったそうです。
そこで、色々と調べて粉瘤(アテローム)の手術をしているとH.P.に書いて有る○○形成外科を受診されました。
そこの医師から
「ぶよぶよしているから、とりあえず抗生物質で様子をみましょう。」と言われ、再度手術はしてもらえなかったそうです。
しかし、なにかおかしいと思われ、患者さんの自己判断で抗生物質は内服しなかったそうです。
納得がいかず、再度色々と調べられ、当院を受診されました。
炎症性粉瘤に対し、抗生物資はほとんど効果が御座いません。
患者さんの判断の方が正しかったという事になります。
術前説明を致しますと、
「やっと納得がいきました。」と言って頂きました。
くり抜き法で手術致しました。
術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後毎日、シャワー、入浴 OK です。
創部が治りますと、
「ここに来て良かった!」と言って頂き、嬉しかったです。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

粉瘤(アテローム)摘出 術後12日

術後12日

 

関連記事

  1. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術前

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    耳の下の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 耳の粉瘤(アテローム)です。

  5. 術前

    炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頭部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP