炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術中(粉瘤被膜を摘出)

 患者さんは、30代です。
約10年前より、頚部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。
1週間前より圧迫感が有り、3日前より痛くなってきたために、炎症が強くとも手術をして貰える医療機関を探され、ご遠方より当院を受診されました。
炎症が強くとも、全く問題なく手術することが出来ます。むしろやり易いくらいです。
また、炎症が強い粉瘤に対し、抗生物質はほとんど効果が御座いません。
くりぬき法で手術致しました。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術前

術前

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術直後

術直後

摘出された粉瘤

摘出された粉瘤

術後2日

術後2日

術後6日

術後6日

術後13日

術後13日

術後21日

術後21日

術後27日

術後27日

 

関連記事

  1. ばい菌がいたら感染?違います。

  2. 背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  5. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 頚部の粉瘤(アテローム)です。

PAGE TOP