粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

湿疹 肌荒れ 手(なつい式湿潤療法)

初診時1

 患者さんは、30代です。
食器洗いをする際に、手袋をしなくなってから、手が荒れてきたそうです。
そこで、こまめにハンドクリームを塗っていたにも関わらず、手荒れが改善せず、ネットで色々と調べられ、「なつい式湿潤療法」を希望され当院を受診されました。
以下、私からの説明です。
① 洗剤を使用する際は、必ず手袋をしましょう。
② ハンドクリーム等のクリーム剤、ローション剤(大人気のヒルドイドローションも同じです。)には、界面活性剤が入っております。
よって、縫った時はしっとりはしますが、最終的には肌が荒れます。
クリーム剤、ローション剤は使用してはいけません。
③ ワセリンのみで保湿をしましょう。
5日間ほどで治り、喜んで頂きました。
もっと肌荒れが強い場合は、就寝時にワセリンを塗ってビニール手袋をして頂くと治りが早いです。

 

初診時

初診時

加療後5日

加療後5日

 

関連記事

  1. 初診時

    5歳 鼻のひっかき傷です。(湿潤療法)

  2. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  3. 初診時2

    熱傷 頬(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時

    熱傷 下腿(湿潤療法)

  5. 初診時

    口唇の割創です。(テープ固定で加療致しました)

  6. 初診時

    熱傷 顔(なつい式湿潤療法)