粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)(5か月後)

術前

 患者さんは、70代です。
数年前より有った粉瘤(アテローム)が最近腫れてきた為に、炎症が強くても手術をして貰える医療機関をネットで探され、当院を受診されました。
炎症が強くても、全く問題なく手術をすることが出来ます。
他院で炎症が強いと、とりあえず切開排膿処置を行い、炎症が治まってから袋を出すと説明を受けられ、当院を受診される患者さんが多いです。
しかし、炎症が強くても、1回の手術で袋まで取る事が可能です。
また、炎症が強い粉瘤(アテローム)に対し、抗生物質は無効です。
粉瘤(アテローム)の被膜、内部には、血管が走っていないからです。
血流のない所には、お薬の効果は届きません。
くりぬき法で手術致しました。
術後創部は、なつい式湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

術前

術前

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後4日

術後4日

術後7日

術後7日

術後19日

術後19日

術後1か月

術後1か月

術後5か月

術後5か月

 

関連記事

  1. 術前

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術前

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    腹部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術前

    炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術中(粉瘤内容物を摘出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)