炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

 患者さんは、50代です。
数年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。
痛くなってきたので、地元の〇〇皮膚科を受診されました。
小さかったために、とりあえず様子を見ましょうと言われたそうです。
数週間後より、だんだんと痛みが強くなってきたために、地元の基幹病院である〇〇中央病院皮膚科を紹介受診されました。そこの医師から
「炎症が強いので今は手術することが出来ません。
とりあえず、抗生物質を内服してもらい、様子を見ましょう。」
と言われたそうです。
しかし、抗生物質を内服しても全く痛みが引かないどころか、余計に痛くなってきたために、炎症が強くても手術をして貰える医療機関をネットで探されて、手術目的にて当院を受診されました。
炎症していても、粉瘤には抗生物質は効果が御座いませんので、抗生物質の内服は中止させて頂きました。
受診当日、あまりにも痛みが強かったために(幸い?外来も空いていた)、手術をさせて頂きました。
手術は、くりぬき法で行いました。
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

粉瘤(アテローム)摘出 術後6日

術後6日

粉瘤(アテローム)摘出 術後20日

術後20日

粉瘤(アテローム)摘出 術後28日

術後28日

粉瘤(アテローム)摘出 術後37日

術後37日

 

 本日のブログが本年最後のブログとなりました。

本年も、お付き合い頂きまして、有難う御座いました。

この細々と継続している地味ブログですが、今年嬉しいことが御座いました。

お味噌汁をこぼして、熱傷された1歳の女の子がおられました。

すぐに地域の基幹病院救急外来を受診され、入院となりました。

そして、そこの医師から、深い熱傷だからと植皮の必要性を説明されたそうです。手術日まで決まっていたそうです。

しかし納得のいかないお母さんは、必死になって植皮せずに治せる医療機関を探され、このブログにたどり着いたそうです。

強く主治医に退院を希望され、病院を退院し、その日のうちに当院を受診されました。もちろん植皮をせずに湿潤療法で熱傷は治りました。可愛い可愛い1歳の女の子でした。

そのお母さんから

「先生のブログだけが心の支えでした。植皮が必要と言われていましたが、先生のブログを毎日何度も何度も見て、手術しなくても絶対に治る!と心に言い聞かせていました。」

と言って頂きました。

こんな地味なブログでもお役に立つことが出来るんだなぁと思い、本当に嬉しかったです。

来年も、少しでも患者さんのお役に立つ事が出来ればと思っております。

来年も宜しくお願い致します。

よいお年をお迎えください。

                               郡田大宇 拝

関連記事

  1. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    耳の前の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術中(粉瘤内容物を排出)

    腰部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 粉瘤(アテローム)摘出 術前

    炎症の強い胸部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 頭部の粉瘤(アテローム)です。

PAGE TOP