炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術前

 患者さんは、30代です。
約10年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。
5日前より、急に大きく痛くなってきたために、近医である〇〇皮膚科を受診されました。
そこの医師からは
「炎症が強い間は何もできない。とりあえず抗生物質を飲んでください。」
と言われたそうです。また、
「手術すると、かなり傷口が大きくなるから、しない方が良いでしょう。」
とも言われたそうです。
医師に言われた通り、抗生物質を内服してみましたが全く良くならず、色々と調べられ、ご遠方より当院を受診されました。
いつも書かせて頂いておりますが、炎症が強くても全く問題なく手術することが出来ます。
また、炎症が強い粉瘤に対して抗生物質を内服致しましても、全く効果が御座いません。
そして、この程度の大きさであれば、くりぬき法で手術は可能です。
よって、傷口もそこまで大きくは残りません。
(傷口が全く残らないという意味では御座いません。)
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術前

術前

術中(被膜摘出)

術中(被膜摘出)

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後5日

術後5日

術後14日

術後14日

 

関連記事

  1. 術中

    腰部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術中

    炎症の強い肩の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 頬の粉瘤(アテローム)です。

  4. 術前

    頚部の粉瘤(アテローム)です。

  5. 摘出された粉瘤(アテローム)

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP